読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

飲み会嫌いの俺が飲み会を好きになってしまった話

 あの夏まで、俺は飲み会が大っ嫌いだった。

 

 体調が悪い。予定が入っている。死んだ父が酒を飲むなと……まあ、まだ生きてますが(笑)。

 

 とにかく色んな理由をつけて避けていた。

 

 俺はアルコールに強く、他の人と同じペースで飲む限り酔うことはない。酔えないというの辛いものがあり、まわりがバカ騒ぎするノリについていけず、いつも取り残されていた。それでも、話し相手がいれば楽しいんだろうが、席が自由の場合、俺の部署は女性が多いのにもかかわらず、なんでかむさくるしい男だけで集まってしまう。

 

 そして、過去のどうでもいい自慢話大会が始まる。2時間も!なにこの苦行?ノー飲みニケーション!

 

スポンサーリンク

 

 

 久しぶりに飲み会に参加した時、俺は女性たちに囲まれていた。いつも通り男だらけの席に座ろうとした時、お姉様たちに誘われたのだ。かなり強引に!お姉さま方、積・極・的!そういうの嫌いじゃないぞ 💗

 

 まあ、実際はいいオモチャなわけで、女性たちの目当ては俺のコイバナ目当て。あの頃の俺は毎朝、就業時間前に同僚女性たちに恋愛関係の経過を報告しては、緊急ミーティングが開いてもらっていた。仕事より本気で討論するミーティングで出された結論はいつも同じだった。

 

「あんた、女に騙されているんじゃない?」 

 

 そうだね、プロテインだね!(byパッション屋良)

 

 ……就業時間前という限られた時間と、朝一ということもあり、あまり深い話はしていなかった。女性たちにとっては聞くたびに俺の恋のお相手が変わるので、頭の中が整理できない状態だったのだ。会社の女性たちは俺から色々聞き出そうと質問攻めにする。誘導尋問の雨あられ。あの女性とはどうなったの?あの女性とは終わったんだっけ?丸裸にされる俺。

 

「俺、脱いだら凄いんです!」

「私、抜くのが上手いんです!」

 なんてやり取りなかったんだけどね(笑)

 

 俺は困った。なぜなら、俺自身、あの女性とは誰のことを指すのか分からないからだ。あなたがたの同僚女性のことですか?札幌の女の子のことですか?福岡の女の子のことですか?サバ読んでいた女性のことですか?東京の女性?岐阜の女の子?熊本の女性?名古屋の女性?もう誰のことを聞いているの?

 

 こんだけ色々あったのに、未だに彼女いなんだよね。不思議だね。そういえば、俺、甘え上手なんだってさ!どうなんだろうね?よく分かんないや。

 

 話始める前に、ドリンクの注文を聞かれたので、俺は日本酒を頼んだ。飲み放題の日本酒は期待できないだろうなと思いながら手酌した。

 

姉御「ちょっと!何やってんの!お酌させなさいよ!」 

 

 えー?お酌させろ?どういうこと?普通はお酌させることを嫌がるもんじゃないんですか?なんで俺、怒られてるの?仕事ですら怒られないのに?

 

「えっ、いいですよ。自分で注げますんで。」

マム「そういうことじゃないでしょ?私たちの酒が飲めないの?」

ブレッディーナ「私たち?私も注いでいいの?」

大野さん「何、私も参加していいの?」

 

 なんだこのノリは?モテるとこういうイベントが人生には追加されるものなのか?こりゃあ気分いいぞ!俺、モテモテやん!

 

 1時間後……

 

店員さん「ドリンクの注文はどうしますか?」

みんな「ビール!後、日本酒!」

「えっ?まだ残っているんでいいですよ?」

みんな「ほら、早く飲みなさい。注いであげるから!」

 

 マジでか?このペースで飲むと流石に俺も酔うんじゃないか?俺が自分で頼むものに、追加されているんで、みんなの2倍飲んでいるぞ?ちょっとクラっとするぞ?

 

 2時間後……

 

 やばい。流石に酔った。そして、なんでか、さっきからバシバシ叩かれているんだが。肩も揉まれている。「結構いい胸筋じゃん 💗」とか言われて胸も触られている。あれれ、これは幻覚か?居酒屋で全身マッサージ?受けているんですが(笑)あっ、この人、「食べすぎじゃない?」と言って腹触るふりして、今、股間を触りやがった。おばさんは無敵だな。

 

 まあ、いいや。減るもんじゃないし。はははっ。こりゃパラダイスだな!

 

 

 というわけで、俺は飲み会が好きになった。楽しめる環境なら、お酒は楽しい!ただ、セクハラはされる。残念なことに、触ってほしい若い女の子に限って触ってこない。ちなみに、当時社内恋愛中の彼女は、遠くの席から睨むだけで話にも入ってこなかった。怖え~よ、マジで。

 

 ただ、俺が入社して何度か飲み会があったが、その時、その女性はビールしか飲まなかった。俺は酒を飲まずにウーロン茶かグレープフルーツジュースしか飲まなかった。ある日を境に彼女はビールからグレープフルーツサワーに変えた。そして、俺との仲が悪くなってからはビールに戻った。なんでかね?あまり聞かないけど、好きな人と同じものを飲みたくなるのかな?それともまわりに対するアピールだったのかな?

 

 これは最近の話なんだが、俺が日本酒を始めたと社内で言いまわっていたら、飲み会で、俺が前に誘って断った女性が日本酒を飲んでいた。今までは、ビールとシャンパンしか飲まない人だったはずなのに!そういえば、彼女は俺が『だがしかし』を読んで駄菓子にハマったと言った次の週に、「私も『だがしかし』買いましたよ!まだ読んでいませんが!」と言っていたな。読んでいないのに、なぜ俺にアピールする?

 

 その女性へポニーテール似合っていますよと言ったら、次の日から、ずうっとポニーテールだった。なのになんでか、俺が名古屋へ女性に会いに行くと言ったら、次の週の月曜にショートカットになっていたんだよ。この前、最近メル友に逃げられたと話たら、満面の笑みで「へぇ~、そうなんですか。うん、うん、へぇ~。これを機にメールやめたらどうですか?」と言ってくるんだよ。人の不幸を喜ぶとかひどいよね?俺がメアドを聞いても教えてくれなかったのに。女心はよう分からん!

 

 俺は素直な女性と付き合いたいです!

 

⭐関連記事⭐ 

お尻の穴に画鋲が刺さることは本当にセーフなのか?  

ミルキーは誰の味? 

どうする?どうする?私たち付き合っていると思われたら?