読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

Google Adsense(グーグルアドセンス)を記事中に配置するメリットについて

 みなさん、こんにちは。知る人ぞ知る、狂気ブロガーの明恵(みょうえ)です(笑)最近、Google Adsense(グーグルアドセンス)の審査が通らないと話題になっているそうです。

 

AdSenceの審査が厳しくなった理由はわれわれブロガーのせいです。 - OMGmag

くぅー!はてな流行りの話題?Adsenseが厳しくなったのはブロガーのせい?この流れはくる!君ら反省しろよほんまにー - たい焼き親子は空飛ぶ夢をみる

 

 はっはっはー。そんなの知らねーよ(笑)審査が通らないのは、スポンサーがつかないようなブログだからでしょ?そういうブログは通ったとしても、収入ないから同じでしょ?俺みたいに審査が緩い時に通っても、収入なしで貼っている意味がないブログもあるからね。人気ブログになってから審査を受ければいいと思うよ!

 

 つーか、俺のアドちゃん、いつになったら振り込んでくれるの?貼ってから数か月経っているけど、未だに8,000円の壁を超えんよ!月1万円なんて夢のまたの夢だよ!

 

スポンサーリンク

 

 

 さて前置きはここまでして本題へ。

 実は最近、記事の中にアドセンスを挿入することにしました。

 

 昔は、他人のブログを読んでいて、記事の途中で広告が出てくると、話の腰を折られてしまい興ざめするので嫌でした。だから、自分の記事にも挿入していませんでした。ここだけの話、どうせ記事中に挿入してもクリックされないし、貼るのも面倒だということもあります。

 

 ただ、俺のブログはいわゆる日記ブログなんで、目次をつけるようなものではありません。だからといって、いきなり本題からを書くと一見さんには、チンプンカンプンな記事となります。他の記事を読んでから、この記事を読んでとお願いしても、みんな読んでくれないんですよね。そして、真意を理解しないで批判するでしょ?最近の人は、素人ブロガーに求めるもんが多いからね。行間も読めないのに、何様なんでしょうか?そういう俺は誰って?明恵様です(笑)敬いたまえ!にゃははは!

 

 俺も読み手への配慮を考え、記事本編に入る前に、『前置き』を置くことにしました。ただ、ここで一つ問題が出ました。『前置き』から『本編』へ移る時、スムーズに場面転換する方法がないのです。日記記事に見出しを入れると、記事が断ち切られて読みにくいですし、行間を空けるだけではこないです。挿絵を入れるのもいいと思うのですが自分で毎回書くのは大変です。適切な写真素材を見つけるも難しいです。俺の記事に使えるような『明るい職場』が伝わる写真素材ってほとんどないですよね?社内で男が女性に囲まれて笑っている写真素材ってあります?俺は見みたことないです。

 

 そこで思いついたのが、Google Adsense(グーグルアドセンス)を記事中に配置することです。下の写真のような感じに使っています。 

 

f:id:stargazer-myoue:20161022203313j:plain

 

 広告収入のために貼るのではなく、場面転換に使うなんて俺だけかな?

 

 でも、これ本当に便利なのよ。アニメやドラマのように、途中でCMを入れる感覚で使えるから。記事内で横一線の棒を引くと、話がブツっと切られちゃうけど、これなら切られないので、視覚的にも丁度よい切れ方なんだよね。

 

 テレビのCMはウザがられるけど、たまに、CM見ておいてよかったと思うことあるでしょ?同じく、たまに気になるアドセンス広告ありますよね?俺も何回かアニメやゲームの発売を逃さずに助かったことがあります。

 

 ごり押しのアドセンスは腹が立つけど、箸休めとしてなら、ブログ記事にとっても役に立つのではないかなと思います!

 

 

☆関連記事☆ 

どうする?どうする?私たち付き合っていると思われたら?  

ブロガーは皆、対等だよ?