読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

完熟マンゴーにバナナを入れるミックスジュースを作りたい。できれば練乳も注ぎたい。

その他

 子供の頃の夢は、色んな果物を集めた楽園(パラダイス)という名の果物畑を作り、毎日違う果物でミックスジュースすることだった。

 

 大人になった今ももちろん果物が大好きだ。最近、俺のバナナが最近元気過ぎて困っている。一般的にバナナはどんな果物とも相性が良いので、どんな果物でもミックスジュースできる。なのに俺のバナナときたら、ミックスジュースする果物を選り好みする。おかげで、俺は慢性的な水不足だ。とにかく、果物をとって水分を補わなければならない状態なのにだ。

 

 死にそうなぐらい喉が渇いているのにも関わらず、お店に並べられている果物を食べられない。お店の果物は手垢がつきすぎて、口にできないのだ。潔癖症の困ったところである。潔癖症でなかったとしても、お店に並べられているものは好きになれないだろう。好みの問題もあるが、見た目重視の中身のない果物は美味しそうに見えない。どんなに勧められても、中身の見えない果物をいきなり食べるのは怖い。

 

 俺はメロン派ではなく、桃派なんで、素晴らしい形をした桃を見つけると、目で追ってしまう。フラフラとついていってしまう。ただ、いくら見た目のいい桃だって食べると甘くなかったり、それどころか毒があることすらある。昔でいえば梅の毒か?最近は味見するために口をつけただけで、口から感染することもあるので、気をつけなければならない。食べやすい果実ほど危険な物はない。また、お店に並べた果物と違い、路地ものには安心の保証がない。アマゾンのジャングルをかき分け、ギアナ高地で、天国を目指したいだけなんだが、食べた後で、すでに他人の物だったということもあり得る。まさに禁断の果実なのだ。最近、この禁断の果実たちからのお誘いが多い。困ったことに、どれもまた美味しそうなのだ。

 

 世間では青い果実がうまいと言われているが、俺には良さが分からない。青い果実は青臭さが気になって、安心してバナナを預けることができない。それに、俺は会話好きなんで、話の通じない果物は贈答品並の上物でも食べる気が起きない。バナナは鋼になるものの、ミックスジュースできないのだ。

 

 果物は熟してからがうまい。甘いだけが美味しさではない。熟すとみずみすしさは減るが、青臭さがなくなり、甘さが増し、酸味や渋みが加わって、とても奥深いものになる。俺は甘いだけの果物に魅力を感じない。芳醇な香りと濃厚な味を求めているのだ。マンゴーだって完熟が甘くて美味しい。青い果実では俺のバナナが満足してくれない。とにかく完熟マンゴーを生で食べたい。ジューシーなマンゴーに練乳を注がせてほしい。熱くて白い想いを残させてほしい。

 

 俺はできれば毎日、一心不乱にシェイクする、ミックスジュースをしたいのだが、俺が心を許せる果実はいつも遠くにいて、禁断の果実であることが多い。なんとももどかしいものだ。

 

☆関連記事☆ 

2015年流行語でデートをしてみた(流行語25個使用)。