読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

役に立たないクソ記事こそ、ブログのあるべき姿だ!

やりたいこととやるべきことが一致したとき、世界の声が聞こえる

 日記ブログに対して、役に立たない記事を書くなと言う人がいる。

 

 承認欲求が満たされたいのか?お前の愚痴は聞きたくない!会社の愚痴を言うなら会社を辞めろ、夫の悪口を書くのなら離婚しろと言う人もいる。なんとまあ極端なことか。

 

 いつの間に、日本は愚痴ることも許されないほど、窮屈な社会になった?ブログは世界に対して公開されてはいるが、読もうと思ってアクセスしなければ、読まないで済む。それをわざわざ読んで、「愚痴るな!」と言うことは、悪意があるとしか思えない。人を非難してストレスを発散しているのかもしれないが、もし、意見を正したいのなら、コメントで非難せず、言及記事でしっかり反論すべきだ。その労力が面倒くさいという人は、自分の言葉に対して責任を持てない人だ。そういう人は、現実社会でも責任を持てない人だろうし、異性からもモテないだろう。もちろん、俺はモテモテさ(笑)

 

 ブログは本来、個人を表現するべき場所だ。いわゆる『役に立つこと』とは専門的なことをまとめたものであり、専門家ではない一般人にとっては新しい情報だったりするが、現実社会では専門家にとっては常識であり、鼻で笑う程度のものであることが多い。『役に立つこと』をどこの誰か分からない個人に求めることの方がおかしい。

 

 専門家にならなくても、違う業種に転職しなくても、追体験できるのがブログのいいところではないかな?それは、結婚生活も、子育ても、ブラック会社勤務(笑)も同じではないのかな?共感したり、学んだり、刺激を与えあったり、暇をつぶしたり、そういう存在がブログではないかな?

 

 「今日はアイスを食べました。」だけでは、面白くないし、そんな記事がバスることに対し、真面目に記事を書いているブロガーが怒るのは分かる。でも、「今日はアイスを食べました。」だけの記事を面白く書ける人なんか世の中にどれぐらいいるのだろうか?

 

 それでもバズるのは、その記事を書いた人の人間性が面白かったり、色んな人に好かれる努力をしてきたからだと思う。媚びを売るのだって立派な努力ではないかな?

 

 営業職をやってきた人なら分かると思うけど、営業がお客さんを獲得する手段としては、『誠意を見せること』か『媚びを売ること』の2つしかない。自社の商品・サービスの質があまりに悪い場合、やむなく『媚びを売ること』を選択しなければならないことがある。どこかのバカなサラリーマンは、営業時代に、「自社のサービスより他社のサービスが優れているので、個人的にはおすすめできない。でも、自分が担当でいる限り、改善できる点は上司にかけあって改善するので契約してもらいたい。」と正直に話していた。当時の彼の営業成績は悪く、社内評価も悪かった。

 

 彼が評価されるようになったのは、その時、対応した相手先担当者が出世した後だった。今、彼は営業の一線から離れ、事務職になってしまったが、その時の誠意が伝わっていたらしく、サービスが他社と並んだ現在、あの時の誠意が他社と差をつける結果となっている。

 

 さて、前置きはここまでに本題に入ろう。

 

 今日、前から気になっていたものが札幌に来ていると聞いたので行ってきました。食べに行きました。アイスを!

 

 台湾で人気NO.1の新食感かき氷である

「ICE MONSTER(アイスモンスター)」を! 

f:id:stargazer-myoue:20160702202904j:plain

 

 家で、かき氷を作って食べることはあるけど、 違った。

stargazer-myoue.hatenablog.com

 

 想像していたものと違った。初めて、異性のアレを見た時と同じぐらい想像と違った!いや、そこまでではないか(笑)

 

 冷たいのは間違いないんだけど、口に入れた瞬間はずっしりとした質量があって、冷たいものという感じがしないんだよね。溶けるというよりは消えるという感じで、かき氷をシャキシャキと食べるのとも、アイスクリームを食べるのともまた違う新しい食感だった。量の多さだけでなく、お値段も規格外!

 

 かき氷を食べるのに野口英世さんとおさらばして、お釣りが返ってこないどころか、さらに追加で支払うことになるとは、食べる前から規格外だ。正直、戸惑ったよ。アイスに1,000円以上!おおっ、マジか、確かにチラシには、4桁の数字が並んでいたけど、俺は受け入れられていなかったからね。高校時代に親友から「お前が望むのなら、俺のケツを使ってもいいぞ!」と言われ時と同じぐらい、受け入れられなかったからね。この場合、『受け入れる』のではなく、『入れる』が正しいか?

 

 両手で受け取らなければ落とすほど大きなカップで盛られた量に、独身男の俺は肩身が狭くなった。これは、カップルで食べなければ、辱めを受けるタイプのやつだ!と確信した。幸いなことに、今回は、デパートの催事での出店だったので、若い人はおらず、周りは老人しかいなかったので、俺は辱めを受けずに済んだ。

 

 その後で、夏用に石鹸を新調したのだが、そこでもまた、「男が一人で石鹸を買うのか?」という冷たい店員さんの目が!いや、俺の気にし過ぎか?でも、「ご自宅用ですか?」と会計の時に聞いたのはなぜだ?「プレゼント用ですか?」と聞かないのは、俺に彼女がいなさそうな感じだから?被害妄想半端ないな、俺。

 

 そんなわけで、「今日はアイスを食べました。」

 

 つまりだ、『役に立つ情報』が欲しければ、無料のブログで探さずに、有料の書籍などを購入すべきだと思うね。