読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

幽霊についての認識が大きく変わる話

その他

 今日は幽霊について真面目に書こうと思う。

 

 俺は知る人ぞ知るその道の専門家だったりする。逆に言えば、知らない人は全く知らない専門家ともいえる(笑)これから書くことは真実ではあり、多くの人には衝撃的なことだと思う。

スポンサーリンク

 

 

 まず、幽霊が見えること、霊感があることを得意げに話す人がいる。そういう人は俺からすれば、見えない人と同じレベルだと言える。幽霊がハッキリ見える人にとって、幽霊は人と区別がつかない。幽霊は夜にだけ登場するわけではない。昼夜問わずいるし、人ごみの中にも普通にいる。足もあるし、服装も普通(たまに時代錯誤の人もいる)、鏡にも映る。だから、幽霊が見える人は、いちいちまわりの人に「幽霊が見えます!」なんてアピールなんかしない。そんなことしていたら、きりがないから。

 

 それに、正直、普通に生活していれば気づかない。たまに建物と重なっていたり、コンビニの商品棚と重なっているのを見て、「ああ、幽霊か‥。」と気づくぐらいである。幽霊と人を区別することは本当に難しい。

 

 幽霊は気づいた瞬間、その存在がよく見えるようになるが、気づかなければ、そこに存在していても見えない。ちなみに、俺は普段、目に見える範囲で幽霊に気づいたことはない。いつも顔正面にして、真横より斜め後ろに存在している時に気付く。通り過ぎるまでは視界にいなかった人が急に真横や斜め後ろに表れるので、あれ?っと思い、振り返って、普通じゃないことに気付いて、「ああ、幽霊か‥。」と思う。たまに、普通に真正面にいる場合は、人と思うので挨拶をしたり、避けて通り過ぎるのだが、この時、第三者が俺を見て、「そこに幽霊いるんですか?」と聞かれて、初めて気づくことになる。幽霊が見えるというのはそんな感じなのだ。

 

 俺が入社したばかりの頃、会社の人たちの顔を覚えておらず、人を見たら挨拶していたんだが、幽霊を人だと思い間違って挨拶したことがあった。その場所での目撃証言が多かったらしいのだが、一部の人(残業レギュラーたち)だけの内緒になっていたため、知るはずのない俺が幽霊が見えている反応をしたたため、遠くから俺の様子を見た同僚にバレたのだ。それも昼だったため、かなり驚かれた。その同僚が走ってきて、「何?いるの?もしかして明恵さん見える人なの?」と言われ、俺はとぼけたが、その後、地震がくる数分前に文房具や書類を急いで引き出しにしまい始めたり(どのぐらい揺れるのかまでは分からない)、停電直前に部署内の人全員に今使っているファイルの上書き保存をするよう叫んだり、火山が噴火する日は急に休みを取ったりする(なぜだか高い熱が出る)うちに、隠せなくなった。たぶん、俺はこの世界の流れに敏感な体質なのだと思う。中二病的に言えば、異常共感体質『シンクロ』の持ち主かな?

 

 ちなみに、この能力が唯一役に立っているのが、自動車運転で、一度もスピード違反で捕まっていないということだけだ。俺の車はレーダーを積んでいないが、感覚で分かるので、捕まったことがない。いやいや、安全運転すれよ言われそうだが、ごめん。スピードを出してしまう。よく同乗者に驚かれるのだが、ブレーキもほとんど踏まない。ほとんどアクセルを抜くだけで減速している。なんとなく前の車がブレーキを踏むのが分かるので、先に減速を始める。

 

 今更、隠すことでもないので正直に言うが、俺は数分後に起こる映像が見えることがたまにある。感覚として感じるのはいつもだが(風邪をひいて熱があるとき以外)。具体的には、皿を落とした瞬間に無意識に落ちる位置に手が出ているとか、その程度のことだが。遠い先のことは予知夢でしか見れない。ただ、その予知夢もいつ、どこで、起きることなのかは分からない。将来、自分が見る映像の断片を少し早く見られるだけ。それも音声なし。回避することはできないので、俺一人が驚かず、「ああ、これね。これがあの時見た夢のやつね。」と思うだけ。見られる未来もどうでもいいことばかり。今のところ、予知夢を外したことはないが、大抵のことが誰でも予想がつくことばかり。だから、あんまり意味がない!そして、見たい未来を見ることはできない。だから、本当に意味がない。

 

 証明しづらい微妙な自慢話はここまでにして、話を戻そう。

 

 幽霊の目撃証言が夜や心霊スポットと呼ばれる場所に多いのは、人がいなくて目立つからだ。

 

 ほとんどの幽霊には意識や感情というものがないようで、こちらに気付いていないことも多い。人が幽霊に気づかないのとまったく同じである。話しかけても答えることは稀で、幽霊自身もなぜそこにいるのか分からないことが多いみたいだ。そして、全くと言うほど無害である。

 

 ただ、重なるとマズい。

 

 ほとんど幽霊には質量がない。ただ、映像としてこの世界に残っている状態である。この映像として残っている幽霊に気づかずに通り過ぎてぶつかってしまうと、体の一部が重なってしまうことになる。これがいわゆる『取り憑かれた』といわれる状態である。この世界の物理法則上、同じ場所に二つのものが存在することはできない。それなのに人間と幽霊が同じ場所に存在することになるので、この世界にとってエラーというかバグが発生することになる。主な症例は体の一部に『重さ』、または『焼けるような熱さ』を感じるようになる。人と幽霊が重なった場所は一時的に二人分の質量を得てしまうためである。科学的な理由は俺には分からないが、『10グラムのもの』と『見た目10グラム実際は0グラムのもの』が重なると、なぜだか見た目が優先されるみたいで、『20グラムのもの』になるようだ。それがいわゆる取り憑かれた体が重い状態の真実である。熱さも同じような理由だと思う。

 

 夜寝ていて、足元に幽霊が立っていて重たい場合は、お互いの足が重なっているはずだ。幽霊の足が人の足と重なることで偽りの質量を得る。そして、それを人が感じるようになる。それで重たく感じる。重なっていないのに重たいと感じる場合は、その場にもう一体幽霊がいて、すでにピッタリ重なっていて見える位置にいないだけということが多い(ただの体の疲れによる金縛りもどきもあるから、その辺は自己判断で)。

 

 世間では幽霊に『取り憑かれた』と騒いで幽霊を悪者扱いしているが、実際は、人が気づかずにぶつかって、引っかかた状態でいるだけだ。ただ、幽霊に引っかかって取れたくなることは稀で、実は『取り憑かれ』る人に問題があることが多いと思うが、俺もなぜ引っかかって取れなくなるのかはよく分からない。外したくてお祓いをする人がいるが、アレはあんまり意味がない。アレで取れる場合は、幽霊ではない。気のせい。

 

 自称霊能力者の人に恨まれそうだが、金がかからないお祓い方法を一応参考までに書いておく。やることは簡単、古書店やチェーン店ではないリサイクルショップのお店の中を10分ぐらいウロウロするだけ。理由は俺も分からないが、幽霊は人よりも、古いものに惹かれやすい性質があるみたいだ。チェーン店のリサイクルショップでは、あまり古いものを置いていないので効果は薄いと思われる。アジアン雑貨のお店でも同じような効果が期待できるので、近くにとても古いものを扱うリサイクルショップがない場合は、アジアン雑貨のお店に行くことをおすすめする。

 

 ここまで長く書いてきたが、実は、ここまでは、あんまり大事な話ではない。大事なのはここからだ。

 

 寒くない場所で、なぜだか、寒気を感じたことはないだろうか?

 

 風邪で高熱が出ていることもあるだろうが、そうでない場合、それは幽霊に見られていることが多い。よく勘違いされているが幽霊と重なると『重い』、『熱い』ことはあるが、『寒い』はない。『寒い』は見られている時にだけ感じるものである。

 

 そして、幽霊は基本的にこちらに気付かないので、気づいている場合、あまりいい状態とは言えない。身近な人が死んだばかりで、まわりをうろちょろしている場合は問題ないが、そうでない場合、その視線を向けている幽霊は悪意または殺意のある幽霊だ。

 

 この手の悪意または殺意のある幽霊は、30年以上生きてきた俺(後数年で40歳。幽霊よりも怖い現実だ……)でも数体しかあったことがない。殺意のある幽霊は1体だけ。そして、その殺意のある幽霊は今も野放しだ。正直、あいつだけは俺にはどうにもできん。

 

 あいつの間合いが広過ぎて近寄れないのだ。俺が遠目でなんとか存在を確認できる距離から手を伸ばしてくる。触られたら体の表面の熱が奪われるのか、やたらと寒くなる。

 

 去年の夏に出会った時は、(ランニング中のため)ジャージを着ていたのに、触られた右腕だけ半袖のように寒くなった(悪寒とは違う寒さ、寒気ではなく体温が奪われ痺れみたいな感覚になる)。信号待ちで視線に気づき、目を向けたら、殺意を感じる視線を感じ全身に悪寒(おかん)が走った。真夏なのにだ。そして、気づいた時には右腕を持って行かれそうになっていた。幸い、俺は後ろに守ってくれる幽霊(専門的にいえば式神)がいるため、俺が気づく前に払ってくれたみたいだが、かなり危なかった。たぶん、あのままだと横に流れている川に投げ落とされていたと思う。

 

 その殺意のある幽霊は自分に気付いた人だけに殺意を向けるみたいらしく、気づかない人には無害みたいだ。

 

 その幽霊は、札幌のある大型スーパー(現在も営業中)の屋上看板の下にいるのだが、向かいの大きな車道を挟んで川の上に橋の上(スーパー側の歩道)から、その屋上看板の下を見なければ問題ない。

 

 そのスーパーは心霊スポットでもない。ただ、目の前の車道は見晴らしがいいのに事故が多い。そして、そのスーパーはテナントが抜けて、中はスカスカだ。向かいにあるホームセンターには人が多く集まるのに、そのスーパーにはあまり人が入らず、その先にある離れたスーパーにみんな行ってしまう。昔は俺も、そのホームセンターを寄った後で、生鮮をそのスーパーで買ったものだが、いつのまにか寄りたくなくなってしまった。生鮮の質も価格も安いのだが、なぜだか近づきたくないのだ。たぶん、多くの人がそう感じて、人が離れたためテナントも抜けていったのだと思う。

 

 その原因はたぶん、あの幽霊のせいだと思う。

 

 命がけで幽霊を感じたいと思うのならあの場所に立って、あの幽霊のいる方向を見ればいい。そしたら、俺が書いていることが本当だと分かるだろう。

 

 現在営業中のスーパーなので、営業妨害にならない程度に場所のヒントだけ書いておく。

 

 場所は札幌市。問題の2階建て大型スーパーは、車道を挟んで北側にホームセンターがある。また、西側には大きな車道があり、川もある。川を越して西側に進めば、そこにもまた大型2階建てスーパーとホームセンターがある。

 

 ちなみに、俺はあの場所に3回立って、勝てないと分かってからは、近づかないようにしている。それ以来、興味本位で心霊スポットにも行かなくなった。命がけでやるような遊びではないから。

 

☆関連記事☆ 

ラスト陰陽師は、日中サラリーマンをやっております!

陰陽師(おんみょうじ)の独り言。訳あって北海道神宮に行ってきたが、もうパワースポットではないたみたい。