読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

ラスト陰陽師は、日中サラリーマンをやっております!

俺について

 俺はモノホンの陰陽師です!といっても、本業ではないです。

f:id:stargazer-myoue:20151102220747j:plain

(写真の五芒星は『晴明桔梗』です。これは雰囲気を出すためだけに使っています。受けはいいですが、効果はないです。上のは『北斗七星霊符』です。これも実際のところ効果はないです。現在、手元に効果のあるお札がないので、これで我慢してね!)

 

 昼はサラリーマン、夜は陰陽師です。個人的に依頼があった時だけ、依頼内容に応じたお札(ふだ)を書いて渡します。それも無報酬…。後日、お礼に菓子折りをもらえるぐらい。それと笑顔!

 

 ただ、お札(ふだ)を1枚書くのにも、体を清めなければならないので、髭そって、風呂入って、歯を磨いて、清めた水を飲んだりと準備が面倒くさいです。10枚ぐらい書いて、やっと満足する1枚が書けるかどうかで、お渡しする1枚が出来上がるのに30分以上かかります。神経を使うので疲れます。体調が万全でないとできないので納期は2週間ぐらいでみてもらっております。

 

 まあ、ご利益はお墨付きです。ぶっちゃけお札(ふだ)の効果というより、俺の強運によるところが大きいです(笑)。合格祈願、無病息災、商売繁盛に関する依頼が多いです。俺の病気も治したいところなんですが、該当するお札がないため治せません(涙)。

 

 俺が陰陽師をやっているのは、実家の裏稼業なんですが、引き継いだのは俺だけです。霊感というか未来予知を見れるという分かりやすい異能があるので、半ば無理やりでした。占いはあんまり当たりませんが(笑)、予知は当たるので、ある意味本物です!

 

 幽霊は見えますが区別がつきません。実際の幽霊は普通の生きている人と何にも変りません。服装などの見た目も顔色も同じです。足もあります。俺が気付ける時は、棚や壁と重なっている場合と誰もいない密室でいつの間にかいた場合だけです。

 

 俺は幽霊に好かれるみたいで、今まで路上駐車で捕まったことがありません。助手席に知らない女(幽霊)がいつも座ってくれるので、街中でも取り締まられません!故意に幽霊の悪用をしております!満員電車でも横の席が埋まらないことがあります。まあ、横に知らない女(幽霊)が座っているんですよ。俺が近くにいると、見える人には、はっきり見えるようになるみたいです。だから、見えない人が不思議そうな顔でいつも座ります。

 

 ちなみに、その知らない女(幽霊)はいつもそばにいます。たまに長い髪が耳元から視界に入るのですが無視しています。いわゆる背後霊(はいごれい)なのか、取りつかれているのかは分かりません。体を貸せば家事もやってくれますし、結構便利です。朝眠い時は、代わりに運転してもらっています。俺より運転がうまく安全運転なんで、安心して寝ていられます(笑)。

 

 悪意のある幽霊も勝手に食ってくれるし、高校生の頃からの仲ですから、今さら別れるわけにもいきません。ただ、これが原因なのか、俺は独身だと言いまわっているにも関わらず、彼女がいると思われています。実際に女性と一緒に歩いていたのを見たという人もいます。俺は幽霊に彼女面(かのじょづら)されています(笑)。

 

 たぶん、俺の強運はその知らない女(幽霊)のおかげなんでしょうね。そして、彼女ができそうで、できないのも、その知らない女(幽霊)のせいでしょうね。

 

 ちなみにこれを書いている今も後ろに立っています。たぶん、読んでいるのだと思いますが、何のリアクションもないです。誤字脱字の指摘ぐらいしてもらいたいものです。

 

 知らない女(幽霊)のおかげで、一人が寂しいということはないですが、会話ができないのが残念です。それと、代わりに仕事をしてくれることもありません。話すことが必要なことはできないのでしょうね。

 

 だから、俺は会話をしてくれる生きている彼女がほしいのです!

 

  今回も恒例のガチでした!ガチすぎてドン引きしたかな?

 

【11/3、16:10追記】

 誤解があるようなので説明しておきます。

 俺は陰陽師の家系のものではありません。陰陽師の家系といえるのは神道の土御門家由来の人たちだけです。俺は民間信仰で伝承された一族の末裔です。肩書きとして大ぴらに陰陽師を名乗れない部類の者です。テレビで陰陽師を名乗る人は偽物です。俺もその偽物の一人です。

 

 陰陽師が神社の神主さんやお寺のお坊さんにあたるのに対し、俺の家系は自称霊能力者に当たります。とはいえ実際の神主さんたちに霊能力はないので、俺のような霊能力のある詐欺師が役に立つという感じかな?たまたま、詐欺師の家系に本物が生まれちゃったというだけ。儀式的な物も依頼人が納得しやすいように演出しているだけ。本物より本物だというだけ。ただそれだけ。

 

 ラスト陰陽師という表現は、俺の後を継げる人がいないから。

 

 本物の霊能者なんてそうそういないし、テレビには顔を出さないです。拉致られて悪用される危険が大きいから。依頼も親族と親戚の知り合いからしか受けません。

 

 ああ、でも、本当に困っている人がいれば相談ぐらいは聞くよ。コメント欄に書いてくれれば、そこで返答するから。メールでのやりとりはしないから。隠れてやるのは詐欺師のやり方だからね(笑)!