読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

まんじゅうこわい。コメント怖い。

やりたいこととやるべきことが一致したとき、世界の声が聞こえる

今日、いつも見ているツチヤさんのこの記事のはてなブックマークに寄せられたコメントを読んで怖くなった。

daisuke-tsuchiya.hatenablog.com

 

俺が感じた恐怖は、参照記事を読んでさらに増した。

www.ikedahayato.com

 

コメント欄を使用しないのは、デメリットが多いという意見が多かった。記事への批判コメントや悪意のあるコメント、広告のたぐいなどが主な理由みたいだ。

 

確かに、悪意のあるコメントなら俺も傷つくだろう。

具体的には、「あなた一体何様のつもり?超絶かっこいいんだけど。私のハートを盗むなんて泥棒なの?死ぬの?私と心中するの?」とか。

 

そんなコメント残されたら、俺もショック受ける。色んな意味で。

 

まあ、そんな冗談は部屋の隅のごみ箱の裏側に、見えるか見ないか絶妙な位置へ、こそっと置いといておこう。

 

まじめな話、コメント欄を消すのは、卑怯だと思う。

 

書き手は意識していないかもしれないが、読み手を傷つけてしまうことがある。書き手があれこれ好き勝手言っておいて、それに対して、自分が傷つくのが嫌だから、批判は受け付けないというのは、フェアじゃあない。アンフェアだ!篠原涼子だ!「恋しさと せつなさと 心強さと」だ!

 

承認制にして、自分の都合の悪いコメントを消してしまうというのも怖い。「承認待ち」の裏側で、どんなコメントが消されているのか分からないというのは、読み手の立場として、気分が良くないし、そんなブログの書き手に好意を持つことはできない。いやいや、まあまあ、別に俺のブログは嫌われてなんぼなんじゃあという人は気にせずコメント欄を非表示にしたり、承認待ちにすればいい。

 

ただ、俺はそんなブログの書き手を信用できないね。そんな人が書いている記事を読んでも俺のハートは打ち抜けないぜ!まあ、俺のハートを打ち抜きたいと思わない人は、承認制でいいけど。

 

ただ、スパムのたぐいを消すのは、読み手のためなので理解できる。これは、ブログ運営する上で最低限のマナーだと思う。ブログにマナーなんてないという人もいるだろうが、まあ、それもそうなのかもしれない。なんせブログは自由なのだから。フリーダムなのだから!

 

でも、俺は権利には義務が伴うものであるように、ブログの自由さにも制限があると思っている。ちなみに、俺は自制が効かない男なんで、その辺は、グーグルアドセンスに頼っている。広告が消されれば、俺のブログは公序良俗に反したんだなと解釈するために。正直、広告収入はあてにしていない。というか、いつになったら、おこづかいになるのだろうか?

 

それにね、世の中、善人ばかりじゃないし、みんなに好かれる人なんていないんだ。コメントがたくさん寄せられれば、その中には悪意のあるコメントも混ざるだろう。むしろ、善意のコメントしかないブログの方が俺は怖いね。イエスマンのみが集まるブログって、そりゃあどこぞの宗教かよって思うね。

 

怖い。怖い。まんじゅうこわい

怖い。怖い。コメント怖い。

 

この記事の真意が読める賢い読者は世の中にどのぐらいいるのだろうか?