読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

「安心してください」といわれても安心できない!

その他

俺の会社で今、とにかく明るい安村さんの「安心してください、穿いてますよ」の替えセリフが流行っている。

 

サキさん「昨日の二次会はどんだけ飲んだの?」

営業課長「安心してください。二日酔いですから!」

 

人事課長「俺、風邪ひいたかも。ゴホッ、ゴホッ(咳の音)!」

シュガーさん「安心してください。知っていますから!」

 

部長「体、大丈夫か?」

俺「安心してください。まだ、生きていますから!」

 

とにかくみんな「安心してください。」というセリフを言いたがる。

 

でも、どの返答も安心できないものばかりだ。ただ、元ネタの「安心してください、穿いてますよ」も安心できるものではない。パンツを穿いていてもほとんど全裸だ。見る人を不快にする恐れのある状態であることは間違いない。パンツを穿いていても全く安心できないのだ。

 

そもそも、「安心してください。」と言わなければならない状態は、すでに、相手を不安にさせており、今さら「安心してください。」と根拠を示さずに言われても安心できるわけがない。

 

 「安心してください。」ほど安心できない言葉はない。