読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

二人だけの秘密だよ♡

楽しい職場

俺の会社は女性社員が交代で掃除当番を担当してくれている。来客のお茶出しもまた掃除当番の方がして下さっている。会社の女性のみなさん。いつも、ありがとうございます。

 

今日の掃除担当はフライドブレッディーナだ。つまり、お茶出しもフライドブレッディーナだ。

 

フライドブレッディーナは、来客に気付かずまわりの人との雑談に花を咲かせている。

俺は彼女の仕事内容を全て把握しているわけではないが、雑談でまわりを盛り上げるのは、たぶん彼女の仕事ではない。他の人にお茶出しを催促されて、やっと俺と俺の客にお茶を出す。

 

俺は女性だけが掃除当番をするというルールは嫌いなんで、掃除を手伝うことも、お茶を片付けもする。あのルールは男女差別だと思う。

 

気が利く女性は俺がお茶を片付けようとすると、「後は私がやりますんで。」と言ってテキパキ片付けてくれる。こういう気遣いができる女性は魅力的で、俺は女子力たけぇーと心の中で関心しながら、俺の中の部内女子ランキングのポイント加算をする。ランキング上位者はもれなく、俺からプレゼントをもらえるというシステムになっている。このポイント制についてはみんなは知らない。あくまで俺個人の楽しみの一つだ。

 

俺は接客が終わって紙コップを片付けて、テーブルを拭く布巾を取りに行くと、布巾がない。テーブルに戻ると長髪の女性がテーブルを拭いていた。後ろ姿はどう見てもフライドブレッディーナではない。若くてかわいいコナンちゃんだ。

 

「今日、当番でしたっけ?」と俺が尋ねると、コナンちゃんは立てた人差し指を口にあて、「シー。内緒ですよ。」と言ってかわいく笑った。

 

惚れたね。俺は惚れたよ。書類を机に置いて、俺はすぐにトイレに顔を洗いに行った。気持ちを落ち着かせないと、俺は勢いでコナンちゃんを口説いてしまう。会社で若い女の子と二人っきりの時に、「シー。内緒ですよ。」と言われて浮かれない男がいるだろうか?

 

えー、何だよ。あのかわいい仕草は。飲み会でとかじゃないんだよ。会社で仕事時間中に、当番でもなく、席もテーブルから離れているのに、わざわざ手伝いに来て、内緒ですよって。

 

もしかして、俺に惚れている?

 

この前、コナンちゃんが掃除当番で朝早く出勤した時、ダイエット話で盛り上がったけど、あれで俺のポイントが上がったのか?それとも、ただの気まぐれか?とにかく、俺の中の女子ランキングでコナンちゃんが急上昇!現在、モナちゃんを抜いてダントツの1位に!モナちゃん、好き避けしている場合じゃないよ!コナンちゃんに俺をとられちゃうよ。いいの?

 

俺は相変わらず惚れっぽい体質のようだ。