読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロゴスエモ

言葉で人の心を動かす

私がアイアンマンだ!

俺について

 アイアンマンを知っているだろうか?鉄人レースの参加者ではなく、原作がアメコミの、最近映画化されている赤と金の金属スーツのヒーローの方だ。

  

 

 俺はこのアイアンマンが大好きなのだ。正確に言えば、アイアンマンの中身であるトニー・スタークが好きなのだ。誤解されては困るが恋人として好きだというわけではない。ロバート・ダウニー・Jrさん演ずるトニー・スタークのセクシーさに憧れているのだ。それと多くの共通点に親近感がある。俺個人が特定されない共通点として一つあげるとしたら、陽気で目立ちたがり屋だが皮肉屋なんで、周りは敵だらけなことだろう。

 

 金属でできたスーツこそ着ていないが、ある意味、リアルトニー・スタークなのさ。

 

 イケメンでないことを除けば。後、金がないことも。ダメだ、ミスポッツもいなかった。あれ、思ったよりトニー・スタークじゃにゃいかも。いやいや、他の人比べれば割かしトニーだ。トニーということにしよう。

 

 トニー・スタークな俺は、たまに心が折れそうになる。そんな時は、アイアンマン3のブルーレイを見る。そして、ヒーローもストレスとに悩まされることを思い出し、自分の中にあるヒーロー魂に火をつける。

 

 トニー・スターク?な俺は、仕事をする気がない同僚にあきれたり、上司に失望すると、会社を辞めたくなる。そんな時は、アイアンマン1のブルーレイを見る。そして、ヒーローは常に孤独であることを再認識し、自分はヒーローだから孤独なんだと慰める。

 

 あれ、アイアンマン2は、いつ見るんだろう?アイアンマン2のブルーレイは持っているが、最近、見ていないぞ。

 

 まあ、それはいい。俺はあえて言おう。

 

「私がアイアンマンだ!」